保育士の給料は低い

保育士の給料は低い

働く親が最初に探さなければならないのが子どもの預け先です。保育所不足や保育士不足のニュースは最近では少し落ち着いてきたとはいえ待機児童が多くいる地域というのがあり、働きたいのに子の預け先がなくうまく働けない、仕事が見つからないなどの問題はまだまだ起きています。
まだ待機児童の問題が解決しないかというと、保育施設自体が足りないことに加え保育資格はあるけど保育士を職業に選ばないという人も多くいることにあります。

 

なぜ保育士の資格を活用しない人が多いのかというと、激務なうえに給料が安いことが原因です。保育士は拘束時間は長い、休みも少ない、重労働。それに見合ってないどころか国家資格が必要な職業としてはかなり低い給料です。
更に保育士の問題点は、経験を積だ保育士でも給料が上がりにくいということです。最初は低くても何年か働けば給料が上がるという場合なら、続けていく人もいるのでしょうが低い給料でずっと、となると働き続けることは難しいことになってしまします。
保育士は、女性が半数を占めますが結婚を期に辞めて復職しない人がたくさんいます。激務なうえに稼げないのでは戻っても仕方がないと考える人が数多くいるためです。

 

年々子どもを預けて働く家庭が増えている中で、保育士の問題は今後さらに大きな課題になっていくでしょう。